top of page
アンカー 1
  • ranze

作品情報:レット・イット・ビー(2022)

更新日:2023年5月21日

レット・イット・ビー

2023.5.12公開





怖いものは、やはり怖い~

(夢判断、そして恐怖体験へ2)



ある日、心理カウンセラー・神山圭治のもとに、テレビ局からリーディングの依頼が舞い込む。とある男子大学生が、超常現象としか言いようのない怪奇な出来事に遭遇したのだと言う。


アシスタントの上野葵を連れ、スタジオ収録に訪れた圭治は、その謎を解明するためリーディングを始める。驚くべきことに、そこで圭治が視たビジョンは時空を超えた「血の呪い」だった――。

一部始終を見ていたのは、アナウンサーの青山千聖。

霊的世界に懐疑的な千聖だったが、圭治のリーディングでその存在を受け入れ始める。


そんな中、圭治を待ち構えるのは、にわかに信じがたい怪奇現象の数々。その真相を圭治はリーディングで次々と明らかにしていく。

暗い夜道に現れた「不気味な老婆」、悪夢から目覚めた女性の脚に残る「謎の手形」、誰もいないはずの天井から急激に迫り来る「飛び降り女性」。そして、ついに千聖の身にも「濡れた足跡」が突如現れては消えるという心霊現象が…。あなたは知ることになる。

「怖いものは、やはり怖い」のだ、と――。


クリックで👆予告編が観られます。


レット・イット・ビー の解説


霊的世界をリアルに描き出した衝撃作として大きな話題となった心霊恐怖体験映画『夢判断、そして恐怖体験へ』が公開されてから1年、待望の続編が完成した。今作では、実際に起きた5つの心霊恐怖体験をもとに実写映画化。リーディング(霊査)によって、恐怖体験の奥にあった、想像を超える霊的真実が明らかになっていく。<怖さ>の先で、あなたが目撃するものとは……。これまで誰も描くことのできなかった心霊現象の真相が、今、スクリーンで解き明かされる。想像やフィクションを超えたリアルすぎる心霊恐怖体験映画がここに誕生!

  • 監督:奥津貴之

  • 原作:大川隆法

  • 出演:青木涼 山岸芽生 長谷川奈央 松岡蓮 深沢莉子 神峯えり 千眼美子 宮本大誠 他 

  • 配給:日活/  配給協力:東京テアトル

  • 制作:日本

  • 上映時間:97分



観逃したら・・・・



 

●2021年に一作目「夢判断、そして恐怖体験へ」が公開されていて、

 その続編のようです。

2023.4



最新記事

すべて表示

Yorumlar

5 üzerinden 0 yıldız
Henüz hiç puanlama yok

Puanlama ekleyin
bottom of page